blueroll

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

blueroll

青春はぐるぐるだ。

週末お手軽旅行 フェリーにゆられて伊豆大島へ…。1泊2日レンタカー付き3万円以内で行けちゃいます。

f:id:blueroll:20160223103614j:plain

伊豆 “大島” に行ったことはありますか? 温泉で有名な伊豆には行ったことがあっても、伊豆大島に行ったことがある人は少ないかもしれません。実は伊豆大島はとってもお手軽に行けるのに、都会の喧噪から離れた非日常感を味わえます。

人がごった返す休日のレジャーを避けて、のんびり時間が流れる伊豆大島の旅はいかがでしょう?しかも案外安いです。 

今回は実際に私が行った伊豆大島をご案内いたします。

※ちなみに今回の旅は東京発の内容です。

 

 

 

伊豆大島の場所

 

南の島のイメージですが、実はとても近いです。行政区分としては「東京都」です。地理的には、伊豆半島の南端よりも首都圏に近いですね。

でも本州とは違う、島独特の雰囲気がありますよ。

 

旅の基本データ

【行った時期】

  • 2015年3月26日〜3月27日(1泊2日)

【人数】

  • おとな2名

【移動手段】

  • 東海汽船(ジェット船、フェリー)
  • レンタカー(島内移動)

【宿泊施設】

  • ブランブルー和(1泊朝食付き)

 

伊豆大島へのアクセス

伊豆大島に行く方法は2つ。調布飛行場から新中央航空の飛行機で行くか、東海汽船の船に乗るか。

飛行機だとわずか25分!往復で22,000円。(2016年2月現在)

今回は船旅を楽しみたかったので、行きはジェット船、かえりは大型フェリーを利用しました。 

f:id:blueroll:20160223114710j:plain

【船の乗り場】

  • 東京:竹芝客船ターミナル(JR浜松町駅かゆりかもめ竹芝駅が最寄)
  • 伊豆大島:元町港or岡田港

【所要時間】

  • ジェット船:約2時間
  • 大型フェリー(東京発夜行便):約8時間(22時乗船、翌6時着)
  • 大型フェリー(昼行便):約5時間 ※寄港箇所による

※東京発は夜行便のみ。  

【料金】

  • ジェット船:片道7,490円
  • 大型フェリー(2等):片道4,630円

※2015年3月旅行当時の値段

料金は頻繁に改訂されており、時季によっては観光復興支援金の適用等もあるので、東海汽船のHPで確認するのをおすすめします。ちょっとややこしいので、電話で問い合わせるのが早いかもしれません。 

今回の船の料金はやや割高でした。しかし、ネットで検索しまくった結果、もっとお得に行ける方法を発見!

 

東海汽船の株主優待で格安旅行!

f:id:blueroll:20160223120058j:plain

東海汽船の株主優待券を使用すると、

運賃が35%引き!

優待券は金券ショップやネットオークション等で買えます。オークファンで落札相場を確認するとだいたい1枚200円程度。私は新宿西口の金券ショップをまわって、1枚180円でゲットしました。

注意として、優待券には有効期間があるので必ず確認すること!今回の料金を35%割引して、優待券の購入額を合わせたものが、実質運賃になるので計算すると…

  • 行き:7,490円→5,949円
  • かえり:4,630円→3,190円
  • 合計:12,120円→9,139円

往復で合計すると、約3,000円お得です。※2016年2月現在では運賃が安くなっているので、同じ条件だと合計5,684円!で済みます。

 

雨宮レンタカー

伊豆大島にはいくつかレンタカー会社があります。今回は雨宮レンタカーさんを利用しました。料金は2日で11,000円。(軽自動車)港の駐車場まで車を持って来てくれていました。その場で説明を受けて、そのまま乗車。

お店に寄って手続きする時間を短縮できました!

 

伊豆大島の概要

f:id:blueroll:20160223152417j:plain

伊豆大島は島1週道路がぐるりと走っています。1週道路を軸に、行きたいスポットに寄っていく流れになると思います。伊豆大島のマップは下記のサイトが見やすいです。

 

大島全体図

 

三原山

f:id:blueroll:20160223152416j:plain

伊豆大島のシンボル、三原山。まさに雄大です。写真は山頂口から撮ったもの。山頂口から伸びる道を歩いて火口展望台まで行けます。 

山頂口までは車で行けて、観光バスも停まれる大きな駐車場があります。また、山頂口に行く途中の7合目の大島温泉ホテルでは、日帰り入浴を楽しめます。

露天風呂では写真のような雄大な景色を見ながら、ゆーっくりと温泉に入れますよ。

 

裏砂漠

f:id:blueroll:20160223152412j:plain

ここは日本なのか?と思うほどすごい風景です。植物がほとんど生えていないので、月面のよう。行ったことないけど。

さきほどの地図で言うと、右下の「月と砂漠ライン」を三原山方面に進むと、小さな駐車スペースがあります。そこから歩いて約15分〜20分ほどで裏砂漠の景色がだーっと広がります。

勾配はほぼ無いので普段着で大丈夫ですが、ヒールの靴等はさすがに辛いかもです。

 

野田浜の夕日

f:id:blueroll:20160223152415j:plain

f:id:blueroll:20160223152414j:plain

地図で言うと左上の方ですね。サンセットパームラインを北上したところに小さな駐車場があります。日の入り時間をチェックして、頃合いを見て来ると良い感じの夕日が拝めます。

地元の若いお兄さんがひとり颯爽と現れて、煙草に火をつけて夕日を眺めていました。

素敵やん。

 

椿花ガーデン リス園

f:id:blueroll:20160223161036j:plain

 

f:id:blueroll:20160223152419j:plain

リスとウサギがいます。ウサギは直に触れ合えるコーナーがあり、エサを買うとすごい勢いで寄ってきます。かわいいぜ。

 

f:id:blueroll:20160223152418j:plain

園内にはこんなスペースもありました。向こうに見えるのは富士山。のんびりチェアに座ってうたた寝しました。

 

ブランブルー和(なごみ)

www.booking.com

 

宿はこちら。1泊朝食付きで、ひとり9,800円。今回は東京都の宿泊割引制度を使用したので、ひとり3000円割引されました。宿泊割引は2016年3月31日まで継続しているようです。詳しくは下記サイトへ。

 

伊豆大島へ遊びに行こう!/東京の観光公式サイトGO TOKYO

 

お部屋は離れの建物にあって、和モダンという感じ。普通の温泉旅館のお部屋よりも、明らかにグレードが高いのが分かります。某女優さんもゆっくり泊まりに来ることがあるのだとか。

応対していただいたのは女将さんはとても親切でした。朝食は島の食材を使った料理で、ボリュームもあり大満足でした!

ちなみに夕食は下記のお店でいただきました。

 

カレーハウス木里吉里 - カレーハウスきりきり

 

暖炉があるログハウス。とっても雰囲気のあるお店。え?ここ入るの?という道を通りますが、臆せず突き進むべし。

 

ドラマチックなシーンに遭遇

f:id:blueroll:20160223165617p:plain

f:id:blueroll:20160223165634p:plain

島を離れる学校の先生を見送る生徒たち。テレビでしか見たことのない光景を目の当たりにしました。感動的でしたね。

皆大声でありがとうと叫んでいました。思わずもらい泣き。船っていうのがなんともドラマチック。

青春。

 

 

おわりに

最後に旅行代金内訳をば。 

【交通費】

  • ジェット船+フェリー 9,139円(株主優待券使用)

【レンタカー】

  • 5,500円 ※1人あたり

【宿泊費】

  • 6,800円(東京都の宿泊割引適用) ※1人あたり

【飲食代、入浴代、ガソリン代など】

  • 約7,000円

【合計】

  • 28,439円

宿泊施設も綺麗だったし、そんなにケチケチしなくても3万円を切りました。2016年2月現在では、東海汽船の運賃も下がっているし、ガソリン代も安い。宿ももう少し安いところに泊まればもっと安くなりそうです。

ちなみに検索すると格安ツアーも多々ありますが、私は株主優待券を使ったこの方法の方が安いと判断しました。週末の2日あればお手軽に行ける伊豆大島の旅。

渋滞もありませんので、近場の旅を探している方におすすめです。