blueroll

blueroll

青春はぐるぐるだ。

話を「きっかけ」に戻そう。乃木坂46珠玉の名曲がまたひとつ生まれていた。

それぞれの椅子(TYPE-A)(DVD付)

深川麻衣が卒業してしまい、世間(乃木坂46界隈)ではまいまいロスです。しばらくは思い出に浸るとして、冷静な頭で考えてみると、2ndアルバムになんかすごい曲が入ってたのを思い出しました。

アルバム5曲目「きっかけ」です。

 

 

Mステときっかけダンス

6月10日(金)のミュージックステーションに出演した乃木坂46は、この「きっかけ」を披露していました。

西野七瀬と白石麻衣のWセンター。Aメロの「不安になる~」という歌詞のところで、ふたりが手を合わせてから、左右にふわっと移動するところ、シンクロ感がすごくて鳥肌たちました。

 

ピアノの名曲

ピアノは生ちゃん。ピアノのイントロで始まる乃木坂の曲は名曲が多いですね。「君の名は希望」「悲しみの忘れ方」などなど…

この「きっかけ」も含み、今挙げた曲を作曲しているのが杉山勝彦氏。他にも、「制服のマネキン」や「羽根の記憶」も作曲しています。名曲ぞろい…

 

話を「きっかけ」に戻そう

さて、話を「きっかけ」に戻しますと、とても印象的なフレーズがあります。

~生きるとは選択肢たった一つを選ぶこと~

とても普遍的なメッセージです。このフレーズが深川麻衣の卒業とも重なって染みるなぁ…。

選択肢たった一つが選べなくて、すごく迷うのが人間。迷うけど、決心して進まなきゃならない。その決心のきっかけは理屈じゃなくて、衝動からはじまる…

秋元康氏の歌詞では、結構この「自分の意志で歩く」系のメッセージ多いですね。

 

これから

メンバーそれぞれ、これからの進路を考えると思います。考えるというか、悩みますよね絶対。アイドルはそこが辛いですね…ずっとアイドルでいるという選択肢が無いに等しいので。

これが女優さんとかだったら、一生女優の決心もつくだろうけど、一生アイドルの決心は難しいですよね。

あ、でもさゆりんごは、りんご姫を30歳で封印して、60歳でまた再開するプランらしいので、間は30年空くけど一生アイドルの決心してますね。信ぴょう性は???ですが。

 

乃木坂メンバーが語る「きっかけ」

話を「きっかけ」に戻しましょう。

スペースシャワーTVプラスで放送された「乃木坂46スペシャル~それぞれの椅子~」では、橋本奈々未、生田絵梨花が「きっかけ」について語っていました。

ななみん曰く

「今までは乃木坂46らしい曲と言えば「君の名は希望」と言われることが多かった。けど結構前の曲なので歌番組に歌うのは難しかった。今回は「きっかけ」を引っ提げていけるので、まだ乃木坂を知らない方にアピールできるのでは?」

生ちゃん曰く

「THE・乃木坂っていう印象の曲で、音程の高低差があるので熱唱できて、心をこめやすい歌」

(※両コメントは「乃木坂46スペシャル~それぞれの椅子~」より

確かに「君の名は希望」は一般ウケもしやすそうな楽曲ですが、今改めて歌うのは難しいですよね。それこそ紅白のような特別なところじゃないと…。そういう意味で「きっかけ」は新たなファンを獲得する“きっかけ”になるかも!?

生ちゃんの言う音程の高低差は全然分かりませんでした。これは実際に歌ってみないと分からないところですね。よし。アイドル好きなあのコをカラオケに誘う“きっかけ”ができたぞ。(しつこい)

 

 

 

聴き惚れる

しかし聴けば聴くほどいい曲だなぁ…。

これを書いている間ずっと「きっかけ」流してました。ほんと聴き惚れてしまいましてね…。私はトイレに行くきっかけを無くしましたよ。(せっかくの名曲が台無しだ)

きっかけ

きっかけ

  • 乃木坂46
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

※他にも乃木坂46の記事を書いています⇒乃木坂46の記事一覧