blueroll

blueroll

青春はぐるぐるだ。

乃木坂46歌詞ワードランキング!全105曲中、一番使われている言葉はどれだ…!?

乃木坂46の曲の歌詞はジーンと来る感動的な言葉がたくさんあります。歌詞を読んで、勇気づけられたり、元気になったりする人も多いのではないでしょうか?

今回は乃木坂46の全105曲の歌詞に出てくる言葉を集計し、ランキングにしてみました!

乃木坂ちゃんの曲を口ずさみながらどうぞ。

※『順位「該当ワード」出現頻度』で表記

 

 

10位「未来」24回

君の名は希望(DVD付A)

とっても綺麗な言葉がまずはランクイン。「君の名は希望」では、印象的な振付のところで使われていますね。そう言えばメンバーの和田まあやは「ぐるぐるカーテン」の歌詞の一部を「未来卵」と歌っていると勘違いしていたそうです。

分からない方は、「ぐるぐるカーテン」のどこが「未来卵」に聞こえるか探してみましょう(笑)

 

10位「ポッピパッパパー」24回


乃木坂46 『ポピパッパパー』Short Ver.

なんと!1曲だけで同率10位にランクイン。まさかの「ポッピパッパパー」人気も高い楽曲です。乃木坂46の楽曲の中でも異色な1曲。確かにこれだけ連呼していればランクインしてくるわなぁ。

 

8位「孤独」26回


乃木坂46 『孤独兄弟』Short Ver.

そう、乃木坂46は孤独を歌っています。人はみな孤独です。でも、その孤独を受け入れて生きていくというメッセージも、乃木坂の歌詞には多い印象があります。なーちゃんも友達いない発言をしていたり…

孤独兄弟は白石麻衣と橋本奈々未のユニット。孤高の雰囲気が合いますね。

 

7位「悲しみ」27回

乃木坂46 『悲しみの忘れ方』-Short Ver.-

孤独と来て「悲しみ」がランクイン。ドキュメンタリー映画のタイトルも「悲しみの忘れ方」でした。アイドルには悲しみもたくさんあるのでしょう。でも悲しみの「忘れ方」です。悲しみを忘れて、前を向こうというメッセージ。

ちなみに似た言葉で「悲しい」や「切ない」「寂しい」も上位でした。シュンとする曲も乃木坂は多いですよね。

 

6位「気持ち」29回


乃木坂46 『無表情』予告編

女の子の気持ちを歌うのがアイドルの特徴です。乃木坂もその例外ではありません。この「無表情」では、気持ちを教えたくないから無表情になるという、ある種ツンデレな気持ちを歌っています。

生田絵梨花と松村沙友理のユニット、からあげ姉妹の楽曲。二人は終始無表情ですが、どんな「気持ち」だったんでしょうねぇ。

 

 

6位「大人」29回


乃木坂46 『大人への近道』予告編

少女から大人へと至る成長過程もアイドルの魅力のひとつ。そういう意味では「大人」という言葉がランクインしてくるのも当然かもしれません。「大人への近道」は、中田花奈、堀未央奈、中元日芽香、北野日奈子、寺田蘭世からなるユニット、サンクエトワールの楽曲。

大人の女性になりたい想いが込められた印象的な1曲です。 

 

4位「すべて」30回

ハルジオンが咲く頃(Type-A)(DVD付)

「すべて」は色んな楽曲で使われていました。「ハルジオンが咲く頃」では「すべて」を包み込むような、包容力の深川麻衣が最初で最後のセンターでした。

「すべて」は言葉としては割と使いやすいのかな?などと思っております。色々あるけど「すべて」でまとまる。こんなこと言ったら秋元康氏に怒られそうですが(笑)

 

4位「一人」30回


乃木坂46 西野七瀬 『待ってるガール』

同率4位で「一人」がランクイン。8位の「孤独」ともリンクしてくる言葉ですね。なーちゃんにしろ生駒ちゃんにしろ、どこか儚く「一人」な感じがするのは、乃木坂の魅力だと思います。

この儚なさは、他のアイドルグループでは出せない。

 

2位「しあわせ」31回


乃木坂46 『今、話したい誰かがいる』

そうです。アイドルは人をしあわせにできる存在です。そのアイドルが「しあわせ」を歌うのは必然ですね。それにしてもなぜ「幸せ」ではなく「しあわせ」と表記するのか?

試しに、集めた歌詞に「幸せ」で検索かけてみますと…

f:id:blueroll:20160624121746p:plain

おい!悲しすぎるだろう!

「幸せ」という言葉はひとつも使っていないようで「しあわせ」と表記するのは秋元康氏のこだわりのようですね。 

それにしても悲しい表示だな…「悲しみの忘れ方」聴いて泣いてきます。

 

1位「世界」33回


乃木坂46 『世界で一番 孤独なLover』Short Ver.

堂々の第1位は「世界」でした。

確かに色んな世界を歌っていますからね。「世界で一番孤独なLover」が代表的です。この曲は「孤独」も入っているし「Love」は表記違いの「LOVE」等を入れると、7位くらいには入ってきます。(厳密には「Lover」ですが)

言葉の上では「世界で一番孤独なLover」は、乃木坂46を象徴する曲と言えるかもしれません。(あくまで歌詞に出てくる言葉の上では!)

何はともあれ、乃木坂46のいない世界は考えられないぜ。

 

おわりに

ごめんなさい。集計結果を見ていて、重大なミスに気付きました…。

「いい」「する」「こと」みたいな一般的で特徴がない言葉は抜いていたんですが、その言葉を抜く過程で、超重要ワードを抜いてしまっていました。

 

「好き」83回

 

はい。「好き」です。1位の「世界」33回に圧勝してました…。他にも「自分」77回、「あなた」54回というのもありまして…(これ以外は「もの」とか「よう」とかで、ほとんどが特徴無しワードでした)

ほんますんません!

なので、このランキングに「好き」「自分」「あなた」を足していただければ…。

それにしても「好き」がダントツの使用回数。

乃木坂ちゃんが「好き」と歌う限り、乃木坂ちゃんを好きでいるしかないでしょう。

 

※他にも乃木坂46の記事を書いています⇒乃木坂46の記事一覧 - blueroll

 

※14thまでのシングル収録曲と2ndまでのアルバムに追加収録曲の全105曲の歌詞を集計。解析にはテキストマイニング 無料ツール by ユーザーローカルを使用させていただきました。集計結果は一般的な単語ほど重みを軽くする処理をした「スコア」の出現頻度を参照。また、「まま」「はず」などの単体では意味を成さない言葉は除外。「WOW」「Oh」などの感嘆詞は除外。「見る」「行く」「いい」などの動詞、形容詞や特徴が捉えづらい一般的な単語は除外。「LOVE」と「Love」など、同じ言葉でも表記が違うものは別々に集計しています。