blueroll

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

祝!乃木坂46結成5周年!センターの系譜と歴史を1年ごと振り返る。

乃木坂46 3rd YEAR BIRTHDAY LIVE 2015.2.22 SEIBU DOME(完全生産限定盤) [Blu-ray]

8月21日。乃木坂46の結成日。この日、乃木坂は結成5周年を迎えました。早かったような短かったような5年。その間、卒業したメンバーもいました。スキャンダルもありました。念願の紅白歌合戦にも出ました。

乃木坂46の歴史を、1年ごとにざっくりとふりかえります。

 

 

 

2011年「初々しい初年」

結成年。今考えれば、東日本大震災の年だったんですね…。この年、公式ライバルのAKB48はピーク。あっちゃんが総選挙で返り咲き「フライングゲット」発売、震災復興応援ソング「風は吹いている」リリース。

そして、AKB人気の裏で、乃木坂46が誕生。

10月には初のお見立て会。人気1位は白石麻衣と高山一実!3位は井上小百合、4位は伊駒ちゃんと続きました。

今見ると、初々しさが眩しい記念すべき初年。

 

2012年「生駒里奈の歴史」

2月にデビューシングル「ぐるぐるカーテン」発売。オリコンで2位に初登場。鮮烈なデビューを果たしました。

この年は「おいでシャンプー」「走れ!Bicycle」「制服のマネキン」と4枚のシングルをリリース。

最近は年に3枚ペースですから、2012年はハイペースでした。すべてのシングルで生駒ちゃんがセンター。

初期乃木坂46は、そのまま生駒里奈の歴史です。

 

2013年「2期生のセンター」

乃木坂46の代表曲にして名曲の「君の名は希望」がリリースされた記念すべき年。「君の名は希望」は楽曲としての乃木坂の至宝です。

そしてこの年はセンターが動いた年。

「ガールズルール」で白石麻衣が、そして「バレッタ」では、2期生 堀未央奈の衝撃的なセンター抜擢がありました。

この年、乃木坂46は覚悟を持って変化したのです。

 

2014年「西野七瀬の幕開けとAKB48兼任」

4月にリリースした「気づいたら片想い」で西野七瀬がセンターに。続く「夏のFree&Easy」でも引き続きセンターを務めました。

そしてこの年は、生駒里奈がAKB48兼任を発表。総選挙にも出場し、14位に食い込みました。

乃木坂メンバーのAKBへの参加に、賛否両論が渦巻く中、松井玲奈がその圧倒的な存在感を持って、乃木坂46に合流してきました。

そして「何度目の青空か?」で、休業開けの生田絵梨花のセンター抜擢。

こうして見ると、乃木坂は変化を続けてきたのがよく分かります。

 

2015年「紅白出場と伝説の西武ドーム」

乃木坂46の認知度が上がって来たこの年。

2月、西武ドームで行われた、CDデビュー3周年バースデーライブは、真冬の寒さを乃木坂の熱気が上回ったと話題になりました。

そして白石麻衣、西野七瀬のWセンターとなった「今、話したい誰かがいる」がアニメ映画「心が叫びたがってるんだ」の主題歌としてヒットします。

最後は念願の紅白歌合戦出場。

「君の名は希望」をメンバー全員で披露しました。副音声ではバナナマンとの共演も果たし、何とも感慨深い紅白でした。

 

2016年「深川麻衣卒業と次世代センター齋藤飛鳥」

そして今年。

「ハルジオンが咲く頃」で深川麻衣が最初で最後のセンターに…。6月には地元、静岡での卒業コンサートが開催されました。

まいまいロスが広がり、この卒業コンサート映像化が待たれます。

そして最新作「裸足でSummer」では、次世代エース、齋藤飛鳥がセンターに抜擢。ガールズルールを超える魅力を持った、夏曲が誕生しました。

いつもの夏と違ったんです。

 

 

 

6年目の乃木坂46

さて、これからの乃木坂46は一体どうなるのか?

まず目下のイベントは8月末の明治神宮コンサート。真夏の全国ツアーが幕を閉じます。

そこで何かしらの重大発表があるのではないか?と思われます。

秋には16thシングルをリリースするはずですが、そのセンターが誰になるのか!?これが今から楽しみです。

次世代、齋藤飛鳥が継続するのか、卒業してしまう可能性が高いお姉さんメンバーが務めるのか、はたまた3期生の抜擢もあるのか!?

個人的には、欅坂46と何かしらのコラボを期待しています!

ちなみに欅坂46も今日で結成1周年。いやー、時が経つのは早いもんです…

でも、語るなら未来を…

これからも乃木坂46、欅坂46を追いかけていきます!

 

他にも乃木坂の記事を書いています⇒乃木坂46の記事一覧