blueroll

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

けやき坂46(ひらがなけやき)から見る、アイドルのキャラ立ちについて

欅坂46

9月4日放送の「欅って、書けない?」に、欅坂46のアンダーとなる、けやき坂46(ひらがなけやき)のメンバーが番組に初登場しました。

というか、今見てます。

そこで、各メンバーのキャラクターが爆発しておりました。

 

 

 

アイドルって、大変

個々のメンバーの魅力についてはまた別に書くとして、ここではアイドルのキャラ立ちについて考えてみます。

いや、そんな私は専門家ではないんですが、常々思っていることがありまして。

アイドルって大変だよな…と。

何をいまさらなんですが…

 

キャラ立ちの努力

アイドルの何が大変って、レッスンとか超がんばってても、人気がすべてじゃないですか。ろってぃーとか、歌めちゃくちゃ上手いし、ギターとかもやって、すごいがんばってるじゃないですか。

でも正直なところ、選抜回数、握手会部数から見ても、圧倒的な人気があるとは言えないと思います。(もちろん乃木坂で活動している時点で、一定の人気はあります)

そこで突出するのって、やっぱ努力だけじゃ難しい。“技術”を上げても人気が出るわけじゃない。

そしたらどうするかって、キャラ立ちさせてくしかない。

 

 

 

けやき坂46からみる、アイドルのキャラ立ち

今回出演していた ひらがなけやきのメンバーは、かなりキャラ立ってたと思います。欅が出てきたときよりも、皆個性が強くて、あぁ、あの子はあれやってたコだ、とか記憶に残りやすかった。

そして同時に、“自分をキャラ立ちさせる技術”も上がってるのかな…?と思いました。

抽象的な物言いで申し訳ないんですが、乃木坂、欅の黎明期って、バナナマンなりツッチー澤部さんなりに、キャラを発掘されてたと思うんです。

そこへきて、今回のけやき坂46はうまかった。

まぁ、人数が少ないから、スポットあたりやすいというのもあるかもですが、それにしてもグローバルだったりサッカーだったり音痴だったりと、皆キャラ立ってました。

けやき坂の中でも、かわいいコとか、アイドルっぽい女の子っぽいコは普通に人気出ると思うけど、そこから突出したキャラで出てくる逸材を、期待せずにはいられない放送でした。

今のところ、井口眞緒がなかなか強烈…。

まだ未見の方は、ぜひご自分の目で確かめることをおすすめいたします!

 

他にも欅坂の記事を書いています⇒欅坂46の記事一覧