blueroll

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「気づいたら片想い」のPVは泣ける…涙腺が爆発しております。

気づいたら片想い(DVD付B)

乃木坂46の8thシングル「気づいたら片想い」のPVを改めて見ておりました。当時散々見ましたけども、いやぁ…今見ても泣ける…。

涙腺が爆発しております。

 

 

 

なぁちゃんが消えちゃう…

数ある乃木坂MVの中でも、一番泣けると評判の「気づいたら片想い」

その理由は、何と言ってもセンター西野七瀬の存在です。冒頭から、なぁちゃんが消えてしまいそうな場面から始まります。

いや、もうその時点で泣きそうなんですが…

 

まいやんとななみん

儚い主人公のなーちゃんを脇で支えるのが白石麻衣、橋本奈々未の鉄壁の布陣。そういえば、この二人のユニット曲「孤独兄弟」も、「気づいたら片想い」に収録されていました。

この二人が本当、ドラマを引き立てます。

特にななみんの、あのちょっと引いたところから物事を見ていそうで、一見冷たそうなのに、ものすごい仲間想いな感じとか…惚れてまうやろ

そして、まいやんと生駒ちゃんの衝突シーンも、ピリリッとドラマを引き締めます。

あの役はれるのは生駒ちゃんだなぁ。すごい説得力があります。

 

ほりみおな

改めて見返していると、堀ちゃんが重要なポジションにいます。堀ちゃんはこの前の7th「バレッタ」で、センターに大抜擢されていました。

この8thシングルの発表では、センターの重圧を吐き出していました。前に出たことが無い性格だったので、プレッシャーも大きかったと。

でも、先輩が支えてくれて…あかん!これ以上書けない!涙腺が爆発しております!(わかったわかった)

髪の長い堀ちゃん。まだちょっと幼い感じ。

 

センター西野七瀬

そして、このシングルで初センターとなった西野七瀬。PVを見ても、やはり群を抜いてかわいいぜ…。ごくり。(きもちわりぃ)

なーちゃんセンターだから、こういう儚くて泣けるストーリーになったのかなぁと思います。

そもそもこのタイトル「気づいたら片想い」も、初期は3列目、2列目だったなぁちゃんに、気づいたら片想いしていた…なんて風にもとれますね。

 

 

 

秋元真夏と西野七瀬

3rdでは福神にも選ばれていましたが、4th「制服のマネキン」で秋元真夏にポジションを明け渡し、メンバー唯一の福神落ち。

あまりの悔しさと悲しさに「大阪帰る!」と母親に電話したエピソードはあまりにも有名です。

その後秋元真夏とは、いわば冷戦状態でしたが、2nd YEAR BIRTHDAY LIVEでの「真夏、おかえり」で、二人の関係は修復されました。

考えてみるとなぁちゃんは、様々な想いを持って初センターを務めていたんだろうなぁ…。

こんな風に思いながらPVを見ると、うん。

……泣ける。

薄暗い部屋で深夜、布団をかぶりながらすすり泣きましょう。

気づいたら朝になってるかも。


乃木坂46 『気づいたら片想い』Short Ver.

 

他にも乃木坂の記事を書いています⇒乃木坂46の記事一覧