blueroll

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徳誰最終回を見逃したあなたへ。タイトルの秘密と犯人予想。

欅坂46

【Amazon.co.jp限定】徳山大五郎を誰が殺したか?(特典:ドラマ撮影時オフショットセット) [Blu-ray]

つい先ほど、欅坂46が総出演するTVドラマ「徳山大五郎を誰が殺したか?」通称、徳誰(とくだれ)が最終回を迎えました。

私、見逃しました。

同じく最終回を見逃したあなたへ…

 

 

徳誰最終回を私たちはどう見るか?

ネットを検索すれば、犯人が誰か、どういう展開だったのか、すぐに分かるでしょう。いわゆるネタバレですね。もちろん、そういう楽しみ方もあります。

私も割とネタバレ気にならない方なので、ネタバレしてて展開知ってても十分楽しめるタイプです。

だがしかし。

今回はあえて、ネタバレを避けて、まっさらな状態で見てみようかと思います。

 

徳誰最終回の予想

すでに最終回を見た方は、ニヤニヤしながらお読みください。

大体こういう最後まで引っ張る系のミステリーの場合、特定の犯人がいないオチがよくありますよね。もしくは主人公が犯人、被害者自身が犯人…とか。

ただ、徳誰のドラマの感じからして、普通の展開にはならなそう。

ひらてっちが犯人とか、なんか怪しいべりかが犯人とか、特定の誰かではない気がする。で、徳山自身が犯人というパターン。これはまだあり得そう。

ここでずっと思ってたことをひとつ。

タイトルについて。

 

 

「誰が徳山大五郎を殺したか?」「徳山大五郎を誰が殺したか?」

どっちかというと、日本語としては前者の方が自然だと思うんですよ。「誰が」が先に来る方。

でもタイトルは「徳山大五郎」が先に来ている。

まぁ字面の良さ、響きの良さで選んだだけかもしれないけど、こういうところを勝手に深読みする癖が…(深読みしても当たったためしなし

「誰が」が先に来ると、犯人は誰なのか!?を当てるニュアンスになります。一方、「徳山大五郎」が先に来ると、「はっ?徳山大五郎って誰!?」という感じがより強くなります。

唐突なんですよね。いきなり固有名詞が来てるのは。

これはつまり、大事なのは「誰が殺したか?」欅の中の犯人当てじゃなくて、「徳山大五郎」こそが最も重要であることを示唆している…

徳山大五郎こそがメインヒーローであり、主人公であり、一番重要な役割を担っている人物…

つまり、犯人は徳山大五郎本人である!

決まった!(決まってはいない)

さぁ皆さん、最終回を見てみましょう。そしたらこの予想が当たってるかどうかが分かります。

当たってたら何かください。間違ってたら…そっとしておいてください。そして指さして笑ってください。

見たら感想を書き込みます。

では。

 

【追記・感想】うむむぅ。これは犯人はいないってことでいいんですかね?とらえ方によっては徳山本人が犯人とも…?犯人ではないか。

しかし、追い詰められた、べりかの演技が良かったですわ。

 

 

 
他にも欅坂の記事を書いています⇒欅坂46の記事一覧