blueroll

blueroll

青春はぐるぐるだ。

欅坂46のナチスドイツ衣装問題の運営の対応の早さ。

欅坂46の衣装の問題。ファンの方は皆さん、気になっていることとは思います。ニュースだけ見ていると、こういった場合、どうしても「欅坂がなんかやらかした!」という印象になってしまいます。

ここでの、運営サイドの対応は早かった。

Yahooニュースで取り上げられたのが31日。翌1日には謝罪文を掲載しています。

 

?

 

公式サイトにコメント

欅坂46公式サイトに、コメントが載っています。Seed & Flower 合同会社の代表の方と秋元康さんのコメントです。

欅坂46公式サイト

 昨今は本当、炎上したら謝罪する流れは当たり前に見られますね。今回の件で公式サイトへのこの対応は早い対応だと思います。

こういった対応が無い場合、問題は長期化する可能性があります。

Seed & Flower合同会社の代表の方はもとより、世間的に認知度の高い秋元康さんが声明を出しているところに、大きな意味があると思います。

 

日本の感覚と世界(ヨーロッパ)の感覚

正直、日本人にとってのナチスドイツは、そこまでリアリティが無いのが実際のところかと思います。

そりゃ名前は知っているし、歴史的に見て明らかに残虐非道なことをしたということは頭ではわかっているものの、肌感覚としては分からない。

あの制服を見ても、あぁ、なんか、海外の軍服みたいな感じ?と思うくらいの方も多いのではないでしょうか?

【追記】もちろん、だからと言ってこの制服を支持するものではありません。

過去、ナチスドイツに迫害を受けたユダヤ系人権団体が抗議を出したとのことで、NHKのニュースにもなっています。

www3.nhk.or.jp

 

?

 

欅坂46への注目度

正直、この一連のニュースは、欅坂がある程度知名度があるから起こったことなんじゃないかと思っています。

無名のアイドルがナチスドイツの軍服っぽいものを着ていても、ここまで話題にはならなかったんじゃないでしょうか。

まぁとにもかくにも、欅坂メンバーは用意された衣装を着ただけに過ぎないわけですし、運営側も謝罪文を公表しているわけですから、これ以上は何をどうこうするわけでもないと思います。

抗議をした人権団体の方が、この対応をどうとらえているかは分かりませんが、運営側は最大限の対応をしたのではないかと思います。

今後一切着ないと断言しているし、抗議団体も謝罪を求めていたようなので、ひとまずこの問題は終わり!

ということで、ひとつよしなに…

blueroll.hatenablog.com