blueroll

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FNS歌謡祭がアイドル的にすごかった件【AKB48 乃木坂46 欅坂46 ももクロ 私立恵比寿中学 ℃-ute モーニング娘。】

音楽

FNS歌謡祭のアイドルコラボ見ました?なんかもう、色々とすごすぎて、もう今年終わるんじゃないでしょうか。

これは!というポイントをピックアップしてお伝えいたします。当ブログは乃木坂欅坂びいきなので、その点ご了承くださいませ。

 

 

ヘビーローテーション

まず冒頭のヘビーローテーション。こじはるのかけ声で始まったこの曲、アイウォンチューのとこで、我らが齋藤飛鳥とももクロの有安杏果ですよ。

なんとも異色。でもなんかすごくいい。

一発目のヘビーローテーションは各グループエースを揃えて来た感じでしたね。欅は平手ちゃん、乃木坂はまいやん、なーちゃん、齋藤飛鳥、いくちゃん。

いくちゃんの隣はモーニング娘。の「生田衣梨奈」で「生田絵梨花」で、欅坂の「平手友梨奈」も一緒にいるっちゅー、何が何やらなヘビロテでした。

 

おいでシャンプー

冒頭の生駒ちゃんと、ももクロれにちゃんのじゃれあいが微笑ましかった「おいシャン」なんでれにちゃんは紫じゃなくて白なのかよくわかりませんが、お綺麗でした。

ほいで何ですか「キューティクル選抜」って(笑)

ここで思ったんですが、坂道以外のグループのコたち、背高くないですか?坂道が低いんでしょうか?

しかしこの曲は女の子を可愛くする魔法の曲であります。

 

ザ☆ピ〜ス!

ほんでピースはAKBとモー娘。一時代を築いた両グループの共演。スタッフさん、分かってらっしゃるって感じでほんま。

ちなみに、AKBの端っこの誰かが立ち位置を修正したのを見逃さない、嫌な視聴者は私です。

しかし、持ち歌とはいえモー娘。のダンスのキレはゴイスー。

 

ミライボウル

お邪魔します。作曲ヒャダインさんですわね。

うーむ。やっぱりかなこって可愛い。くぁわいい。かなこぉぉぉぉぉぉ

そして、やはり℃-uteの鈴木愛里は存在感がすごいですね。℃-uteなんで解散しちゃうんだろか。もったいないああもったいないもったいない。

あと、この曲ってやっぱイカれてる。いい意味で。

 

制服のマネキン

3期生が登場の制服のマネキン。やっぱ坂道のここぞというときはマネキン。

3期生、大園桃子、山下美月もさることながら、ねるですよねる。長濱ねるセンター(一部のパートのみ)

うーむ。やっぱ逸材だ。センターにいても違和感ないもの。ほいで正統センター生駒ちゃんがオブザーバー的ポジションなのもいい。

そして、やっぱこういう曲は、平手ちゃんの存在感がすごいわ。

 

言い訳Maybe

こちらも一時代を築いた両グループの共演。

今でこそアイドルがこうやってコラボするのも普通ですが、FNS歌謡祭という大舞台でコラボで歌うなんて、一昔前は想像もできませんでしたね。

今のグループアイドル文化を根付かせた両グループの共演は何だか感慨深いものがありましたね。

 

 

大きな愛でもてなして

初めて聞きましたが、面白い曲ですね。つんくってやっぱ天才だ。

特筆すべきは、さや姉、1フレーズだけだけど歌うますぎだろう!ってことと、なぁちゃんのちらっと相手を見るとこ可愛すぎるだろうってことですね。

 

走れ!

この曲は名曲だなぁ。ももクロ代表曲、行くぜっ!怪盗少女のカップリング。

坂道的ポイントとしては、真夏さんと尾関がんばってる!ってことと、やっぱりガチな守屋さんですね。

そして堀ちゃんをもっと映せってことですね。(明らかなひいき)

 

桜の花びらたち

いやいやいやいや。

アイドル多すぎだろ!画面が混んでる!渋滞!

まぁ、可愛いからいいけども。

 

ピコ太郎×アイドル

そして、次のパートではピコ太郎とアイドルが勢揃いで、PPAP。

坂道的にはまいやん太郎と、I have an appleのさゆりんご。

いやー本当、祭りでした。ありがとうございました。

良いお年を!(まだ終わってない)