blueroll

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

欅坂46ライブ LINEモバイル MUSIC+プランの件について、おすすめできるパターンをさくっと解説


【公式】LINEモバイル: TVCM 〜 愛と革新。(デビュー)篇 〜

欅坂46の公式Twitterアカウントでさらっとつぶやかれていた、LINEモバイルのMUSIC+プランの件です。

のん(能年玲奈)のCMでも話題。

LINEモバイルのMUSIC+プランに加入すると、4月6日(木)代々木第一体育館で行われる「欅坂46デビュー1周年記念ライブ」に、抽選で10組20名様をご招待キャンペーンです。

抽選10組で、スマホ代えるのは正直ちょっとハードル高いですね…

が、最近は格安SIM、格安スマホの存在感も増しているし、今や連絡手段として欠かせないLIINEが参入するってことは、それだけ需要があるんだろうってことで、ちょいと調べてみました。

 

結論!

結論として、おすすめできるのは2パターンの方です。

 

パターン1

ちょうどスマホを変えようと思っていて、LINE、Twitter、Facebook、Instagram、LINE MUSICのどれかのヘビーユーザーで、スマホ料金を抑えたくて、ついでに欅坂のライブ応募もしたい方。(※特にドコモユーザー)

⇒パターン1さくっとまとめ

 

パターン2

当選確率が低くても、どうしても欅坂のライブ当てたいので、一時的にお金積んでLINEモバイル契約してもいいと思う方(約12,000円くらいかかる)※ただし、他の使い道もアリ

⇒パターン2さくっとまとめ 

 

LINEモバイルってなに?

 

LINEモバイルは、最近流行りの格安SIMです。格安SIMってそもそもなんじゃい?…ものすごくざっくり言うと、安くスマホが使えるサービスですね。

なら皆、格安SIMでいいじゃん!なんですが、

  • 「良く分からない」
  • 「めんどくさい」
  • 「安すぎて逆に怪しい…」
  • 「大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)以外は怖い」
  • 「i Phone使えないよね?(※使えます)」

こういった心理的な側面で変えてない人が多いと思われます。格安SIM使った方が明らかにお得です。もちろん電話番号も引き継げます。

 

LINEモバイルのメリット

  • 安い(一番高いプランで月額3,520円)
  • 各SNS(LINE、Twitter、Facebook、Instagram、LINE MUSIC)は、いくら使ってもデータ消費なし
  • LINEの年齢認証ができる
  • あまったデータ容量を翌月に繰り越せる

LINEモバイルの大きな特徴として、SNSのデータ消費をカウントしない「カウントフリー」機能があります。

その名の通り、上記リストのSNSで使ったデータ容量はカウントしません。SNSでデータ消費しまくってる方で、「すぐ上限いっちゃうよ…」って方はLINEモバイルにするとメリット大きいですね。

あと、他の格安SIMではほぼ出来ない、LINEの年齢認証ができます。これをするとID検索できるようになるので、ID検索の機能を使う方にとってはポイント高いです。

さらに、余ったデータ容量を繰り越せるので、 カウントフリーで浮いた分、翌月に回せます。もしかしたら、今よりデータ容量が少なくて安いプランで済むかもです。

 

LINEモバイルのデメリット

  • 契約期間の縛りあり(1年間の間に解約すると解約手数料9,800円かかる)
  • 通話かけ放題はなし
  • 端末代金はかかる

契約期間の縛りが御多分にもれずあります。でも1年間だから、まぁ良心的な方?通話はかけ放題サービスはありません。

LINEの無料通話使ってね^ ^…ってことでしょうか。あと、端末代金はかかります。LINEモバイルで買える一番安い端末はBlade E01で13,800円です。

 

SIMフリースマホ、ドコモの端末が使える

そもそも「SIM(シム)」は、スマホで使うICチップのこと。で、よく聞く「SIMフリー」のスマホっていうのは、どのICチップも使えるスマホのことです。

とにかく、格安SIMのサービスを使うなら、「SIMフリー」のスマホって覚えておけば良いかと思います。

「SIMフリー」のスマホは、どこの格安SIMサービスでも使えます。i PhoneもSIMフリーのタイプなら、LINEモバイルでも使えます。

さらに、LINEモバイルはドコモ回線使ってます。今現在ドコモを使っていて、対象機種であれば、お手持ちのスマホをそのままLINEモバイルに変更できます。

 

欅坂46ライブ応募キャンペーン

欅坂のライブに応募するには、2017年4月1日(土)時点で、「MUSIC+プラン」をご利用中の方です。

新たにLINEモバイルに加入する場合は、「MUSIC+プラン」で加入後、マイページから応募フォームに移動して、ライブ応募します。

「MUSIC+プラン」は、「LINE MUSIC(月額960円・学割600円)」のデータ消費がカウントされないプラン。「音声通話SIM」が、電話番号の通話機能ありのタイプです。一番高くても月3,520円です。

LINEモバイル MUSIC+プラン
容量 (データ通信+SMS) 音声通話SIM
3GB 月額1,810円 月額2,390円
5GB 月額2,140円 月額2,720円
7GB 月額2,700円 月額3,280円
10GB 月額2,940円 月額3,520円

LINE MUSIC+プランだけど、LINE MUSICへの加入は強制ではありません。

正直、「LINE MUSIC」を使わない方にとっては、あまりメリットはないプランですけども、応募のためにはこのプランが必須…。でもプラン変更はできるので、LINE MUSIC使わない方は、当選発表後にプラン変更すれば良いかと。

別プランの料金表ものっけときます。

コミュニケーションフリープラン
容量 (データ通信+SMS) 音声通話SIM
3GB 月額1,110円 月額1,690円
5GB 月額1,640円 月額2,220円
7GB 月額2,300円 月額2,880円
10GB 月額2,640円 月額3,220円

※「コミュニケーションフリープラン」は、LINE、Twitter、Facebook、Instagramがカウントフリー。

LINEフリープラン
容量 (データ通信+SMS) 音声通話SIM
1GB 620円/月 1,200円/月

※「LINEフリープラン」は、LINEのみカウントフリー。1GBを越えた分は購入できます。別途、データ通信のみ500円のプランもあります。

ちなみに、LINE MUSICは30日間無料でおためしで使えるので、気に入ったらそのまま継続するのもアリ。

LINE MUSICは、乃木坂・欅坂の曲も先行配信されます。

 

こんな方におすすめ!

パターン1(スマホ変えたい方・料金抑えたい方)

ちょうどスマホを変えようと思っていて、LINE、Twitter、Facebook、Instagram、LINE MUSICのどれかのヘビーユーザーで、スマホ料金を抑えたくて、ついでに欅坂のライブ応募もしたい方。(※特にドコモユーザー)

ちょうどこのタイミングの方にとっては、渡りに船です。欅坂のキャンペーンやってなくても、単純に安いっていうメリットはあるのでおすすめ。

さらに現在ドコモユーザーなら、今のスマホをそのまま使える可能性大。他キャリアでも、SIMフリー端末ならそのまま使えます。

動作確認済端末、LINEモバイルで買える格安スマホ端末は、LINEモバイル公式サイトで確認できます。

 

パターン2(欅坂46の熱狂的ファンの方) 

当選確率が低くても、どうしても欅坂のライブ当てたいので、一時的にお金積んでLINEモバイル契約してもいいと思う方(約12,000円くらいかかる)※ただし、他の使い道もアリ

つまり、欅坂のために新たにSIMを契約するってことですね。費用内訳は下記。

 

  • 「LINE MUSIC+プラン」1,810円/初月(一番安い。初月のみ)
  • 「LINEフリープラン」月額620円(安いプランに変更)×11ヵ月
  • 登録事務手数料 3,000円
  • SIM カード発行手数料 400円

 

合計で12,030円です。初月は応募条件を満たすために「LINE MUSIC+プラン」で契約。その後、プラン変更で安いプランに変更。11ヵ月経てば解約手数料なしで解約できます。

すぐ解約すると9,800円かかるので、1年めいっぱい使った方がお得です。安い中古SIMフリー端末とか使えば、サブスマホとして使えるかなーとは思います。

あと、欅坂はLINE LIVEやったりしますし、今後LINEと絡めたキャンペーンをやる可能性は大いにありますので、この金額払ってもそんなに惜しくない方にはおすすめです。

最後にまるっとまとめると、「節約したい方」と「SNS(LINE、Twitter、Facebook、Instagram)を頻繁に使う方」には、LINEモバイル 神推しです。