blueroll

blueroll

青春はぐるぐるだ。

エキセントリックのダンスが変?いやありゃコンテンポラリーダンスでない?

THE MUSIC DAYを中途半端に見たものです。途中、櫻井君の隣の女の子に恋しかけました。明日は東武東上線に乗りたいと思います。

じゃなくて。

欅坂。エキセントリック。

 

エキセントリックダンス

ちょっと、最初のポーズからして異様にして異形だったんですけども、何すかあれ…怖いお…

エキセントリックにもほどがある。

ちょっと怖い方の鳥肌立ちました。

そんで、ダンスを眺めてたら、ちょっとこのダンス、いわゆる一つのコンテンポラリーダンスなんじゃね?と思いまして。

 

コンテンポラリーダンス

なんかこの言葉だけ知ってまして、改めて調べてみると、明確な定義は無いらしい。

 

要するに、既存のダンスの枠を超えたダンスみたいな感じでしょうか。

 

門外漢なのでアレですが、サルサとかバレエダンスとかフラメンコとか、そういう様式が決まっているダンスではなく、かと言って、例えばエグザイルやK-POPアーティストのような現代的なダンスでもなく、もちろんアイドルダンスでもない。

アートで言えば現代アートみたいな。


amazarashi 『スピードと摩擦』“Speed and Friction” |「乱歩奇譚 Game of Laplace」OP曲

このMVなんかは、説明に「コンテンポラリーダンス」って書いてあって、女子高生の制服着てるし、欅坂とも通ずるものを感じマウス。マウス。パソコンマウス。

むむぅ…

なんかこう、欅坂はアート志向のも面白いっすね。

 

どこまで?

このダンスは明らかにアイドルっぽくはない。ももクロみたいな奇抜なことやるアイドルはいますが、その奇抜なことも、まだかわいさを保っていると思います。

エキセントリックは奇抜さが勝っていて、どう考えても拒否反応を示す人もいるでしょう。

それでも、既成概念の外へ向かうのが欅坂ってことかしらん。どこまでファンが付いてこれるのか、計ってるような気もしますね。

案の定、賛否分かれてますが…

 

靴を投げ飛ばすな!

 

ってクレーム一つは入りそう。

 

ねる、その靴俺に当てて!

 

とか言う輩もいそう。