blueroll

blueroll

青春はぐるぐるだ。

実録ドキュメント『サヨナラの意味』フラゲ日記 (後編) ~別れ際、もっと好きになる~

【前編】⇒『サヨナラの意味』フラゲ日記 (前編)

------------------------------

電車はすすむ。

行先である船橋が、どのくらいで着くのか気になって、電車の表示板を確認する。

と、ここで、気が付いた。

次は、「秋葉原」だ。

秋葉原と言えば、日本有数の電気街。であったが、現在はアニメおよびアイドル文化のメッカである。聖地である。最近、日本には聖地が勃興しすぎなような気もするが、ここは正真正銘の聖地だ。

「降りてしまおうか。」

ふと、そんな言葉が頭をよぎる。

表示板を確認すると、船橋まではまだまだある。外はどんよりと一層曇ってきたし、肌寒さも感じる。何より、飯田橋で歩道橋を上がったことで、疲労がたまっている…

端的に言って、

船橋、めんどくね?

 

?

 

船橋が遠くにかすむ

いやいやいや、ちょっと待て。待ってくれ。何のためにここまで出てきたんだ。サンエトおよび、きいちゃんに会いに行くために、船橋まで出向くんだろう?

少し疲れたからって、それはないぞ。

お前のサンエト愛、きいちゃん愛は、そんなものだったのか。失望させないでくれ。体力なんて、気の持ちようだ。そりゃもう若くはないかもしれないが、思い出せ。『あの教室』で学んだ、あの頃を。

あの、無尽蔵に、無駄にあった体力を。どこにぶつけていいのか、分からなかったパワーを。

思い出せ。

いいか?そのまま電車で、船橋だ。

誰が何と言おうと、きいちゃんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:blueroll:20161108184113j:plain

(*´Д`)

 

 

f:id:blueroll:20161113092158j:plain

敵情視察( ゚Д゚)

 

 

ごめん。きいちゃん。

 

?

 

きいちゃんが呼んでいる

違う。私は断じて違う。私は。

ただ、腹が減っただけだ。だから昼食を食べただけだ。そして少し、ラムタラに寄ってみただけだ。もちろん、サヨナラの意味のCDは売っていた。

しかしあのショップ、2階以上はうっかり行ってはいけないな…男子諸君は、絶対に近づいてはいけない。

推しメンに嫌われるぞ。

「サイテ~」

というきいちゃんの声が響いたため、私は総武線に再び乗り込む。腹も満たされ、だんだんと眠くなってきた。

電車は新小岩を越え、江戸川を渡る。

この辺りまで来ると、乗客もまばら。ゆったりと座れる。反面、どこか物悲しくもある。時間調整のためか、待ち合わせか、気づくと電車は止まったまま動かない。

無機質な音声のアナウンスがホームに響く。イヤフォンからは相変わらず、乃木坂46のキラキラした曲たちが、私の耳元をあざやかに彩る。

しかし、私の気持ちは何ともキラキラしない。

再び、なぜ、わざわざCDを買うためだけに、せっかくの休日に、船橋くんだり (船橋の方、すみません。) まで行くのか、疑問がわいてくる。

今さら、何を言っているのか。

そう理性で言い聞かせるものの、心は正直だ。

この動かない電車の中は、やはりとても寂しい。

 

葛藤

この寂しい気持ちを今、誰かに話したいなんて、『ないものねだり』だろうか。

さっきの屈強な男たちでもいい。おばさまでもいい。孤独な青空を見つめていた彼でもいい。誰でも大好きDDだ。

もう、帰ろうか。

引き返そうか。

車窓から見える景色はまったくなじみのない町並みだ。

なんて、心細いんだ…

今ならまだ間に合うぞ…

でも…

 

 

 

 

 

 

f:id:blueroll:20161108184110j:plain

船橋、最高!

 

 

 

 

 

と、バースデーライブの齋藤飛鳥よろしく、気づくと叫んでいた。はぁ。きいちゃんののぼりが温かく迎えてくれる。

来た甲斐があった。

CDの売り場が良く分からなかったので、お店のかわいいお姉さんに聞いてみた。

 

私「すみません、あのぉ…のぎざかのCDは……」

お姉さん「あー、今日はまだ発売前なんですよ~。」

私「あ、はい。(…そうそう、フラゲ日だよね。だから来たんです!)」

お姉さん「でもまぁ、夜には入ってくると思うんですけどね」

 

……

……

……

 

(ノД`)・゜・。

 

フライングしすぎたらしい。何てこった…。現在、午後1時をまわったところだ。船橋まで来たのに、ゲットできないなんて、そんなことがあるのか……

はぁ…

これもきっと、私が弱気になったからに違いない。秋葉原でCDを買ってこのまま帰ろうかなぁなどと、少しでも思ったからに違いない…。

きいちゃん…

さすがに夜までは待てないので、かわいい店員さんに断りを入れて、売り場の写真を撮らせてもらった。ブログアップの許可ももらい、もう、思い残すことはない…

私は船橋ヨーカドーを後にした。

イヤフォンから流れる曲は、リピートで1曲目に戻る。あのピアノの旋律が聞こえる。私は『サヨナラの意味』を必死で考えながら、船橋に別れを告げた。

ありがとう。きいちゃん。新星堂さん。お姉さん。確かに空振りだったかもしれないが、私を温かく迎えてくれたこと、一生忘れない。

別れ際、もっと好きになる。

2016年

11月8日のことだ。

 

【追伸】その後、新宿のタワレコでタイプD買いました。

blueroll.hatenablog.com