blueroll

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ななみん卒業に思う…推しメン・アイドル・卒業システム

乃木坂46

本日は2月11日。橋本奈々未さんが卒業するのが2月20日。間近に迫ってきております。ちょっと思うところあって、筆を取った次第です。

正確にはキーボードだけど…。

?

 

推しメン

私は正直言えば、そこまでゴリゴリの推しメンがいるというわけではありません。だから本当に本当のところの、推しメンが卒業する辛さは分かりません。

ただ、想像することはできます。これから書くことは、あくまで私の想像(妄想?)であり、かなり自分語りでもあるので、その点ご承知おきください。

間違いなく、録画した工事中見てた方が楽しいぞ!

 

卒業システム

深川麻衣さんの卒業のとき、私は今ほど乃木坂に熱があったわけではありません。ただ、他のメンバーが卒業するときはそこまで感じなかった何かがありました。

正直言って、乃木坂熱が上がってきたのも2016年の夏ぐらいからなので、なぜそこまで興味を惹かれたのか分かりませんでした。

が、ななみん卒業を目前に控えた今、少しその正体が分かりました。

単純にこの、「卒業」ということの切なさに、どうも惹かれます。なんですかこの「卒業」ってやつぁ…

 

(ノД`)・゜・。

びょー

 

アイドルグループには「卒業」が付き物です。これはもう、システムと言っていい。もれなく付いてきます、卒業システムです。

システムなのに、なんですかこの気持ちは…

 

切なさ

要するに切ないわけです。「卒業」というのは、システムであっても切ない。その場所から去る、その場所からいなくなってしまうことは、とても切ない。

しかもその切なさは、突発的なものではなく、用意されているものです。

いずれどのメンバーも卒業するんだろうなぁ…とは、思ってはいるもの…なのに切ない…。

つまり、「僕たちはこの切ない気持ちをいつまで味わうのか? ~グループアイドルと卒業システム~」みたいな本が一冊書けるほどの大きなテーマなのです。

いや、書けませんが。

?

 

推しじゃなくても

最近はちょくちょくと乃木坂好きな方と会う機会がありまして、そこでもななみん卒業は悲しいという話が出ていました。

ななみんが推しメンじゃなくても、悲しいもんは悲しいと。

ただ。

すごく意地悪なアレですけども、あまり有名じゃないメンバーが卒業したとしたら、ここまで悲しまないような気もします。

その場合、推している人は悲しいけど、推していない人にとっては、ななみんほどの悲しさは無いんじゃないかと思います。…まいまいもそうか。

だからその…

「卒業」にも色々あって、メンバーによって卒業の色も違うという感じがしまして、で、まいまいとななみんの卒業は、切なさ度合が強い気がします。

特にななみんの卒業は、北海道からの上京・ご家族との関わり・ななみん自身が持っている儚さ?も相まって、とてもドラマチックです。

そこに惹かれるのかもなぁ…

システムとしての卒業でも切ないもんは切ない。さらに、メンバーによっても切なさの度合いは違う。特にななみんの卒業は、乃木坂の中でも切なさマックスコーヒーってことです(?)

まぁ、だから何だって話です。

いつもの結論のない着地でございます。

ただ、なんだかなー…

卒業の切なさって、味わうには重すぎる。本当に悲しくなるから、早めに「立ち直り中」聴こう。

立ち直り中

立ち直り中

  • 乃木坂46
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes