blueroll

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

blueroll

青春はぐるぐるだ。

【実録】WordPressをはじめよう [導入編]その2 〜お名前.comでドメイン取得〜

f:id:blueroll:20160406120258j:plain

前回の記事では、WordPressをはじめるにあたって必要な2つの項目、

  • サーバーをレンタルする
  • ドメインを取得する

のうち、サーバーのレンタルが完了しました。この記事では2つ目の項目、ドメインの取得にすすみます。 

 

ドメインとは

ドメインって聞いたことはあるけど、URLと何が違うのかよくわからん…調べてみると、要するにドメインとは、インターネット上の住所とのこと。youtubeで言えば、

URL:https://www.youtube.com

のうち「youtube.com」の部分がドメインにあたります。この部分を自分でオリジナルのものを考えます。

要は新しくメールアドレスを取得するノリですかね。

 

ドメイン取得はどこで?

サーバーのレンタルと同様、ドメイン取得ができるサービスもたくさんあります。めんどくさがりの私は、サーバーのときと同様、じっくり比較なんかしてらんねぇ!と、調べるうちに一番名前が出てきた、お名前.comというサービスを利用することにしました。

お名前.com

名前を良く聞く&安いと評判だったので、こちらのサービスに決めました。

 

ドメイン取得の流れ

まずはお名前.com にアクセス。

f:id:blueroll:20160324164320p:plain

トップページに飛びます。 

f:id:blueroll:20160324164712p:plain

トップページ右上のボックスに、取得したいドメイン名を入力。ここで私は戸惑ったんです。www.とかhttpとか入れるのか?.com以外にもなんかたくさんあるみたいだけど…

要はこの部分、先ほどのyoutubeでいえば、 

https://www.youtube.com

の文字列のうち、「youtube」という文字を入力すれば良いみたいです。

さて自分のブログのURLを考えてみます。自分の好きな言葉とかで良いかなと最初は考えましたが、テーマに沿った文字列の方がWebサイトっぽくて良いかと思い、最終的には…

http://www.designskillup.com

というURLに決めました。こう文字に起こしてみると、既にありそうなちゃんとしたサイトっぽいぞ!というわけで、「designskillup」で検索。

f:id:blueroll:20160324170017p:plain

検索結果ページに移ります。普通に検索すると、複数の候補がチェックされた状態になってます。

f:id:blueroll:20160324170446p:plain

.com以外にも.netとか.topとか色んなものが選べて、それぞれでお値段も違います。このままだと複数選択されたまま、複数のドメインを購入してしまうので、欲しいドメイン以外のチェックは外します。 

f:id:blueroll:20160324170917p:plain

私が欲しいのは.comなので、.comのみ選択した状態にします。右側の「選択されたドメイン」が、自分の欲しいドメインになっていることを確認して、料金確認へ進むボタンをクリック。 

f:id:blueroll:20160324171655p:plain

情報入力ページに移ります。1.お申込み内容では登録年数を選びます。とりあえず私は1年登録にしました。

 

Whoisって何?

そして突然出てきたチェックボックスの、「Whois情報公開代行」とは何ぞや…?調べてみますと、Whoisというのは、世界にいくつもあるドメイン等の登録者の情報を検索できるサービスです。

Whoisとは | JPドメイン名の検索 | JPドメイン名について | JPRS

新しくドメインを取得した場合、ドメイン取得者の情報をWhoisで公開することが義務づけられているようです。情報ってつまりは個人情報。名前や住所です。

要は私の場合であれば、http://www.designskillup.comという自分のドメインをWhoisで検索すると、自分の名前や住所が出てくるということです。

Whoisは誰でも閲覧可能ですから、誰にでも自分の個人情報をさらしてしまうというわけです。会社とかなら別にいいですが、個人で登録する場合は抵抗がありますよね。

そこで「Whois情報公開代行」にチェックを入れれば、お名前.comがWhoisに公開する情報を代行してくれます。

先ほどのように自分のドメインをWhoisで検索しても、お名前.com運営会社の情報が出てきます。なので自分の個人情報がさらされる心配はありません。

ということで、この「Whois情報公開代行」は必須かと思います。普通は年間1,000円程度かかるようですが、2016年3月時点では、キャンペーンで無料です。

 

ドメイン取得の流れ つづき

さて、説明が長くなってしまいました。もう一度情報入力画面をどりゃっ。

f:id:blueroll:20160324171655p:plain

 登録年数を選び、「Whois情報公開代行」にチェックを入れます。2.サーバーの選択は、あくまでお名前.comでサーバーを借りる場合のものです。 私はエックスサーバーのwpXレンタルサーバー で既にサーバーを借りているので、利用しないにチェック。

3.マイクロソフトOfficeも私は必要ないのでチェックは入れず、右上の「初めて利用する方」の「次へ進む」をクリック。 

f:id:blueroll:20160324174409p:plain

個人情報を入力する画面になります。先ほどの「Whois情報公開代行」にチェックしていれば、ここで入力する個人情報が公開されることはありません。入力し終わったら「次に進む」をクリック。 

f:id:blueroll:20160324174654p:plain

支払い方法を選択し、申し込みボタンをポチっと。 

f:id:blueroll:20160324174847p:plain

申し込み完了画面が出てきます。が、ここでまだ終わりではありません!お名前.comから来るメールに記載されているURLをクリックして、登録完了となります。 

f:id:blueroll:20160325104433p:plain

こんなメールが送られてきますので、URLリンクをクリックすると…

f:id:blueroll:20160325104635p:plain

認証が完了します。これにて申し込みが終了しました!

 

おわりに

サーバーのレンタルとドメイン取得が終わりました。ドメイン取得もそこまで難しくはないですね。ちなみにドメイン取得後、お名前.comからメルマガ等が結構来ます。配信を解除したい場合は、お名前.comサイト内、ドメインNaviから配信解除ができるようです。 

次回はサーバーとドメインの設定をいたします!